G.NEWSG.NEWSGLAの最新情報をお届けします

G.NEWS

『自分を知る力』に寄せられる読者の声(16)

2020.12.2
著書

読者カードにつづられた声より

昨年発刊された、高橋佳子著『自分を知る力――「暗示の帽子」の謎を解く』は、「自分を知ること」の大切さとともに、その楽しさ、奥深さがわかる本です。とりわけ本書に掲載されている「自己診断チャート」に取り組むと、誰もが自らの心のタイプを知り、新たな発見へと誘われてゆきます(「自己診断チャートは、本書掲載のQRコードから無料で受けることができますので、ぜひチャレンジしてみてください)。
以下、多くの方々から寄せられている読者カードの一部をご紹介します。

●宗教色があるかなと思っていたが、読み進めるとなかなかどうして面白かった
パッと読んだ感じはスピリチュアルで、宗教色があるかなと思っていたが、読み進めるとなかなかどうして面白かった。「今の自分は、『暗示の帽子』をかぶった最初の自分であり、人間には果たすべき使命みたいなものがあって、誰しも本当の自分に向かって成長することができる」と理解した。自己啓発本の多くは、「結局どうすればいいの?」という部分が書かれていないか、ものすごく単純化された極論ばかりという印象だが、本書は「どうすべきか」が適度に一般化されていて深く納得した。これからも、高橋佳子さんの著書を読んでみたいと思った。(京都府・10代男性)

●「自分のこういうところがトラブルを招いていたのだ!」と知ることができた
この本を読んで、自分自身が、これまでの人生で、どういうことにつまずいてきたのかが本当によくわかりました。「自分のこういうところがトラブルを招いていたのだ!」と知ることができて、とてもよかったです。それを知ることは、しんどくもあったけれど、原因を知ることによって、これから先、生きることが少し楽になりそうです。ありがとうございました。(長野県・40代女性)

●自分の「心の癖」を見直すよい機会になった
一気に読ませていただきました。いかに自分が、「常識」や「当たり前」と思っていることにとらわれているか、そしてそれは、「暗示の帽子」をかぶっているからだと気づきました。自分の「心の癖」を見直すよい機会になりました。人生100年時代、この先、よりよく生きてゆきたいと思います。(鹿児島県・60代女性)

●快・衰退タイプだったので、「鋭敏・実行」で頑張りたい
以前、同じ著者の『あなたがそこで生きる理由』を読んで、すごく感動しました。今回、書店で『自分を知る力』を購入して読んでみると、自分は快・衰退タイプであることがわかりました。また、QRコードで調べると、「鋭敏・実行することです」と診断されました。現在、63歳になりますが、「もっと早くにこの本と出会えたら」と後悔しています。65歳までの再雇用期間を、この「鋭敏・実行」で頑張ろうと思います。(福島県・60代男性)

(文責:三宝出版)