G.NEWSG.NEWSGLAの最新情報をお届けします

G.NEWS

『最高の人生のつくり方』に寄せられる読者の声(7)  

2019.5.1
著書

読者カードにつづられた声より

昨秋発刊された、高橋佳子著『最高の人生のつくり方――グレートカオスの秘密』は、12万部を超え、今も多くの方々が手にしてくださっています。
日々、寄せられる読者カードには、お1人お1人が本書との出会いによって、生きる意味を振り返り、それぞれの「最高の人生」に向かう新たな歩みに向かおうとされているお気持ちが伝わってきます。私たちもとても励まされ、勇気を頂きます。ここでは、その読者カードの一部をご紹介させていただきます。

自分の存在価値を見出すことができた
自分の存在価値を見出すことができました。人生を豊かにする教訓が書かれた本当に良い本です。(奈良・20代男性)

もう1度人生を考え直してみたい
仕事と家庭、育児に悩んでいます。私は、自分の価値を高めるために様々な資格取得にもチャレンジしてきました。しかし、主人が仕事を辞めてひきこもるようになってしまい、離婚も考えましたが、子どももいるし、両親に心配かけたくないから、せめて子どもが自立するまでは我慢するしかないと、自分自身に言い聞かせてきました。この本を読んで、自分の人生をもう1度考え直してみたいと思いました。1度、セミナーにも参加してみたいです。(愛知・40代女性)

これから何度も読み返す本になりそう
ただひたすら感動しました。日々の生活スタイル、条件、環境、生活背景など、良き指針を頂き、これから何度も読み返す本になりそうです。(大阪・50代女性)

もっと早くこの本に出会いたかった
身体の体幹が大切であるように、「心」の持ち方、物事のとらえ方で、物事の青写真を実現できるということがわかりました。私自身、途方に暮れた日々を思い出し、もっと早くこの本に出会いたかったです。(宮城・70代女性)

「最高の人生」を歩んだ方々に非常に感銘を受けた
金沢の森八の女将・中宮さんが、「社員は同志、お客様も同志」という想いになって、会社を再建したこと。奥田さんは、検事、裁判官、弁護士と職種を変え、全力で邁進して、再生の法務の土台づくりとなったこと。「最高の人生」を歩んだ方々に非常に感銘を受けました。(福島・70代男性)

(文責:三宝出版)