聖日の集い

聖日の集い

会員の原点に立ち還り
「魂の学」の基本を学ぶことができます

すべての会員が大切にしているのが、年6回開催される「聖日の集い」です(下記参照)。いずれの集いにおいても、会員の原点に立ち還り、「魂の学」の基本をしっかりと学ぶことができます。入会を希望される方もご参加いただけます。

  1. 総合・新年祈りの集い(毎年大晦日から元旦)*
  2. 新年の集い(1月)* ※一般の方もご参加いただけます。
  3. 善友の集い(4月 GLA創立記念日[4月8日])*
  4. 現身(うつしみ)の集い(6月 祖師・高橋信次先生ご帰天の日[6月25日])
  5. 高橋佳子先生ご生誕の集い(10月24日)*
  6. 感謝の集い(12月)*

「*」のついている集いは、高橋先生の講演が予定されています。

総合・新年祈りの集い(毎年大晦日から元旦)

高橋先生とご一緒に、祈り心で新たな年の幕開けを迎える

大晦日、その年の一切の後悔を願いに転じ、高橋先生とご一緒に、祈り心で新たな年の幕開けを迎える集いです。年初の先生の講話を心に深く刻み、新年の願いと志を確かにすることができます。

参加者の声

こうして高橋先生とご一緒に新たな年を迎えることができて、「私も願いに向かって歩んでゆきたい!」と希望を頂きました。そして、新たな年は、自らの願いに向かうと同時に、子どもや夫が願いを果たせるような縁にもなってゆきたいと思います。

(50女性・北海道)

年頭の先生の講話をお聴きして、現状で満足して次の段階に進めない自分を超える鍵を発見することができました。今年は、日々の仕事を通して新しい現実を生み出してゆきたいと願っています。

(50代男性・中京)

新年の集い(1月)

新たな年を生きる勇気とエネルギーをチャージする

GLAでは毎年1月、会員の皆様と共に広く一般の方をお迎えし、「新年の集い」を開催しています。たとえいかなる試練があろうとも、1人ひとりが新たな年を最高に輝いて生きる勇気とエネルギーをチャージすることができる場です。

また、当日、参加者の方々には「神理カード」が手渡されます。「神理カード」には、1年を生きる指針となる言葉(12の菩提心※のうちのいずれか)が記されており、多くの方がその言葉を手がかりとして、新たな年を実り豊かなものにしてゆかれます(※「菩提心」とは、本当の自らを求め、他を愛し、世界の調和に貢献する心)。

その後、2~3月には、国内外約80カ所で、「新年の集い」の高橋先生の講演映像を視聴する「新春の集い」が開催されます。

参加者の声

今日、初めて高橋先生の講演をお聞きし、心を見つめ、深めてゆくお話に、とても感銘を受けました。人生、どのような条件に置かれても、自分を見直して新たに生き直してゆきたい。そして、「火の心」の「神理カード」を頂いたので、今年は、心を燃やし続けながら生きてゆきたいと思います。

(20代女性・海外・初参加)

高橋先生と経営者の方の対話は、すごく心に響きました。私も会社を経営していて、今、新しい仕事を始めたいと思っています。しかし、今までの仕事のやり方では越えられない大きな課題があり、「この場で、それを乗り越える力を得られる!」と感じました。「泉の心」の「神理カード」を頂き、まさに今、自分に必要なカードだと思いました。

(70代男性・九州)

善友の集い(4月)

GLAの原点に立ち還り、互いの絆を深め、未来を望み見る

毎年、GLAの創立記念日(4月8日)にちなんで開催される「善友の集い」は、私たち会員がGLAの原点に立ち還り、高橋先生のもとに集い合った同志(善友)としての絆を深め、新たな未来を望み見る集いです。

参加者の声

入会して1カ月、「善友の集い」に参加しました。老若男女問わず、こんなにも多くの方々がエネルギーに満ちあふれ、皆が1つの想いに結ばれている──。志を同じくする友、善友に会えて本当にうれしいと感じました。これから、自分の心を変えて新しい人生を築いてゆきたいと思います。

(40代女性・東京・初参加)

高橋先生の講演をお聴きし、実践報告された方の歩みをたどりながら、GLAには、人生で背負う不自由さから誰もが自由になれる道があると実感しました。だから、新たな世界をつくることができるのですね。その挑戦に向かって、私もさらに歩んでゆきたいと思います。

(60代男性・東京)

現身(うつしみ)の集い(6月)

現身(肉体)を持ってこの世界を生きる意味を深める

6月25日にご帰天した祖師高橋信次先生を偲び、高橋信次先生と高橋佳子先生の魂の絆と約束によって現在のGLAがつくられてきたことを心に刻みつつ、現身(肉体)を持ってこの世界を生きる意味を深めてゆきます。

参加者の声

「私は、なぜこの世界に生まれてきたんだろう? 魂の後悔や願いってどんなものなのか? なぜ私は今、こうして生きているんだろう?」と想いを馳せました。毎年、「現身の集い」で、生まれてきた理由を改めて考えることができて、本当に有難いです。

(20代女性・東京)

「人間は永遠の魂であり、人の心が変わることこそ奇跡である」と説かれた信次先生。その志のバトンを継ぎ、実現に向かわれている佳子先生の歩みに、心から感謝の想いがあふれました。私も世界のために、心を変え続け、使命を果たしてゆきます。

(70代男性・東京)

高橋佳子先生ご生誕の集い(10月24日)

魂を導かれている感謝をお伝えしたいと発意から生まれた集い

高橋先生のご生誕の日(10月24日)、私たちの魂を導かれている先生に限りない感謝をお伝えし、お祝い申し上げたいと、会員の発意から生まれた集いです。

参加者の声

今日、高橋先生が日々、昼夜問わず活動に奔走されているお姿を拝見し、「私も、もっと『魂の学』をしっかり学び、実践して、未来を変えてゆきたい!」という、今まで味わったことのない強い気持ちがあふれました。「逆境を味わってきた私だからこそ、できることがある。それを見つけたい」と今回初めて感じました。

(30代女性・東京・初参加)

高橋先生と同じ時代、同じ日本に生まれた意味を深く考えさせられました。「『魂の学』を学べば、必ず人間は変わることができる。私も、もっと学び、少しでも変わってゆきたい」と強く思いました。今を大切に、職場でも家庭でも、できることを最大限やってゆきます。

(50代男性・東京)

感謝の集い(12月)

過ぎゆく1年の意味を深く受けとめ、功徳と恩恵に感謝を捧げる

過ぎゆく1年を振り返り、その意味を深く受けとめながら、大いなる存在・神に生かされ、高橋先生に導いていただいた功徳と恩恵に感謝を捧げる集いです。

毎年、高橋先生は、講演の中で、私たちが到底知ることもできないような深遠な神理を、説き明かしてゆかれます。メイン会場には、全国、海外から約1万名が一堂に会し、会場内には、高橋先生の様々な活動記録、「魂の学」の教材、GLAの歴史など、「G.EXPO」として多くの展示物やイベントが催されます。国内外で活躍するプロの音楽家の方々(会員)によるコンサートも予定しています。

参加者の声

この1年、高橋先生のお話と様々な方の実践報告がヒントになって、限界をつくっている自分の心に気づけたんです。今日は、その1年の感謝を心に刻むことができ、本当に忘れられない1日になりました。これから周りの方に尽くせる自分になってゆきたいと思います。

(50代男性・北陸)

こうして1年の終わりに、海外の方も一緒に集えることが幸せです。高橋先生の講演で、人と人のつながりの不思議を感じました。来年は、一生懸命、使命を果たしてゆきたいと思います。GLAの愛唱歌を歌いながら、先生と会場の皆さんの強い絆を感じて、「ここに本当の故郷がある!」と思い、感謝の想いでいっぱいになりました。

(50代女性・九州)