G.NEWSG.NEWSGLAの最新情報をお届けします

G.NEWS

「今月の詩」「時の羅針盤」の高橋先生の新しい原稿がアップされました!

2020.6.24
お知らせ

「今月の詩」「時の羅針盤」の内容が更新されました。「時の羅針盤」のタイトルは、「器を満たす」――。その中で高橋先生は、こう記されています。

「新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されてから、早1月。皆様の日常は、どのように変わりつつあるでしょうか。

大きな制限を抱えた数カ月、テレワーク(在宅勤務)を導入した企業も少なくなく、ほとんどの方が外出自粛を余儀なくされる中で、それ以前とは異なる、外なる交流を控えた日常を営むことになりました。言うならば、私たちの生活の比重が、外側から内側に大きく転換するときとなったのです」

「私たちが自分を知る中で気づいてゆくのは、人は誰もが最初から完成した存在ではないということです。

誰もが、大きな可能性を抱きながらも、同時に、多くの不足や未熟、弱点を抱えている──。……

自分自身について深く知れば知るほど、私たちは自らが抱いている可能性以上に、限界を感じるようになるかもしれません。

でも、それが最終形ではないというのが、『魂の学』の人間観です。

誰もが何もできない赤子の時代から出発し、少しずつ様々な生きる力を身につけてきたように、私たちは自分の心を成長させることができます。

生い立ちの中で、家族との不和や思うにままならない現実によって、どんな限界を抱えたとしても、その限界を1つ1つ乗り越えることができます。それだけではなく、その限界を抱えたからこその心の進化を果たすことができるのが、私たち人間なのです」

ぜひ、全文をご一読ください!