崩壊と不随の
定が支配する
現実世界には
否定しようのない
厳しさがある。

しかし、それでも
人生を輝かすことができる。

誤った信念を
抱え込まず
快苦の振動に
呑み込まれない
内なる秩序がその鍵である。

神理の歩みが心に
強度と深度を与えるのである。

高橋佳子

2019.11.21