人間だけが
外なる明在系と
内なる暗在系の
2つの道を歩む。

日々の要請から
社会のテーマまで
科学技術の進歩も
巨大な文明の伽藍も
明在系の道の成果である。

しかし
どれほど充実しても
暗在系の道を忘れて
人生の意義を
見出すことはない。

心と魂を見つめる
内なるサイクルなしに
人生の深層を
生きることはできない。

高橋佳子

2019.10.25