家庭の会話
街角の賑わい
会議の侃々諤々
何気ない音の中で
一喜一憂を繰り返し
人々は暮らしている。

けれども喧噪の底から
耳慣れない深部の響きが
近づいてくる。

やがてその通奏低音は
ありふれた音たちを凌駕して
日常に姿を現す。

人生を動かす
潮の変わり目は
そのように訪れる。
魂を動かす
人生の交響は
そのように始まってゆく。

高橋佳子

2019.8.24