人は
ひとりで生まれ
ひとりで死してゆく。

しかし
両者を結ぶ人生の時を
「ひとり」だけで
生きることはない。

2つの「ひとり」でさえ
他のいのちに支えられ
誰かに見守られている。
人は共に生きる存在なのである。

高橋佳子

2019.02.22