自分を知る力――「暗示の帽子」の謎を解く

本書は、誰もが帽子をかぶっている不思議な「帽子の国」の物語から始まります。
そして、帽子には、ある秘密がありました。それをかぶると、誰もが帽子が暗示する考えや行動に従ってしまうのです。そんな「帽子の国」は、不可解な人々であふれ、不可解な出来事が次々に起こります――。
いったん読み始めたら、その世界に引き込まれてしまい、気がつくと、実は、その「帽子の国」は、私たちが生きている世界そのものであることに気がつくのです。
高橋先生は、そこから「暗示の帽子」を脱いで、本当の自分を知ることへと読者を誘われます。「最初の自分」(偽我)→「次の自分」(善我)→「最終形の自分」(真我)という道ゆきの中で、人間には4つの心のタイプがあることを示し、「自己診断チャート」で1人ひとりが自らのタイプを知り、その弱点(闇)を超えて、素晴らしい可能性(光)を引き出すことへと導いてゆかれるのです。まさに自分を知ることは人生最強の力――。
実証的・論理的な記述の中から、理屈を超えた魂の存在、その魂が抱く無限の可能性が胸に迫ってきます。

【目次】
プロローグ──「帽子の国」を越えて 
第1章 それは本当にあなたの考えなのか 
第2章 心のブラックボックスを解読する
第3章 受発色のタイプを診断する
第4章 苦・衰退タイプ──あきらめに縛られた卑下者からひたむきな求道者へ
第5章 苦・暴流タイプ──恨みの強い被害者から勇気ある正義漢へ
第6章 快・衰退タイプ──自己満足の幸福者から心優しい癒やし手へ
第7章 快・暴流タイプ──独りよがりの自信家から飽くなき挑戦者へ
第8章 人生の考古学・考現学・未来学──「自分を知る力」を最大化する方法 
巻末解説「自己診断チャート」について

【本書を推薦します!】
●これは、非常に素晴らしい説得力のある行動哲学だ。もっと早くこの本を読みたかった! 
徳田安春(群星沖縄臨床研修センター長、NHK総合診療医ドクターG)

●本書には、民族や文化を超えた普遍的な人間の心の真実が余すことなく明かされている。 
マイケル・デンハム(プリマス大学名誉教授、脳科学・人工知能[AI]研究者)

【メッセージ 高橋先生より】

私たちの外側と内側に無限に広がる現象世界と精神世界──。人は2つの世界を往還し、その交流を通じて、人生を営んでゆきます。私たちは誰でも、外界と内界の旅人であり、2つの無限を結びつけることができる存在なのです。

この外界と内界はいつも響き合っています。外側の世界が揺れ動き、秩序が壊れ、再生するような激動のときほど、私たちは内界の力を必要とします。そして今、私たちが身を置いているのは、まさにそうした時代なのです。

これまでの常識も定石も通用しない──。社会のあり方が大きく変わりつつあるとき、そんな時代を生き抜いてゆくには、内界の力が何よりもものを言います。「自分を知る力」こそ、私たちに外界の変動や試練に揺らぐことなく、求めるべきものを求めて生きる力を与えてくれるのです。あなたの内に眠る最大の力を呼び覚ますために、ぜひ、本書の扉を開いていただきたいと思います。

定価(本体1,800円+税)

似たアイテムを探す
書籍