2019善友の集い 人天経綸図──「宿命の洞窟」から「使命の地平」へ

高橋先生は、講演で「宗教の使命とは、物質を超える魂の特質を説き明かし、そのはたらきを十全に果たすことができるように導くことにほかならない。……この50年、GLAは魂に基づく人間観をこの世界に復活させることに取り組んできたと」と述べ、3名の方と次々に対話をされながら、長年に及ぶその実践を紐解いてゆかれました。

【集いの概要】
講演の中で、先生は、この50年、GLAは魂に基づく人間観をこの世界に復活させることに取り組んできたとおっしゃり、3名の方を壇上に呼ばれ、長年に及ぶその実践を紐解いてゆかれました。
それらは皆、「人天経綸図」(大いなる存在・神のまなざしから見た人間と世界の真実)の中で、魂の力を取り戻してゆく歩みそのものであり、「宿命の洞窟」から脱し、「運命の逆転」を起こして「使命の地平」に向かう道ゆきでした。そればかりでなく、その取り組みは、世界に横たわる数々の問題を解決に導き、多くの人々に幸せをもたらしていること――。
会場は水を打ったように静まり返り、誰もが言葉にならない感動とともに、自ら自身の内なる魂の力を解放する道がここにあることを確信したのです。
そして、先生は「菩薩の祈り」を神に捧げられた後、「ここより次の50年のGLAをつくってゆきましょう!」と呼びかけられました。

【講演の概要(約127分)】

1 . 魂――存在の根 1-1.脅かされる人間の地位
1-2.魂――人間の本体
1-3.神のつくりしもの
1-4.人間のつくりしもの
2.魂の力2-1.魂に基づく人間観の復活
2-2.魂のはたらき1――目的・願い・ヴィジョンを描く
2-3.魂のはたらき2――内なるヴィジョンを現象化させる
3.人天経綸図3-1.魂の力の封印
3-2.まがいものの願い――宿命の洞窟
3-3.低次の感覚・感情・思考・意志――宿命の洞窟
3-4.運命の逆転から使命の地平へ
3-5.人生全体を見はるかす
3-6.神理実践報告1 脇本忠明さんとの対話
3-7.神理実践報告2 松山貴美子さんとの対話
3-8.神理実践報告3 前田浩利さんとの対話
4.次の50年へ4-1.次の50年へ
5.菩薩の祈り 5-1.菩薩の祈り
開催年月2019年4月
場所パシフィコ横浜国立大ホール
価格ブルーレイ 定価(本体6,637円+税)
DVD 定価(本体5,728円+税)
CD    定価(本体3,637円+税)
★ 会員の方の研鑽用として拝聴していただきたい内容

似たアイテムを探す
講演記録