GLAとは ――人間と世界が輝くために

GLAとは ――人間と世界が輝くために

今、世界には多くの問題が山積し、未来を予測することすら難しくなっています。そういう時代だからこそ、私たちには、魂という中心軸が必要です。GLAは、数字やお金など、見えるものばかりを優先する唯物的な生き方ではなく、人間の内なる力によって、1人ひとりと世界が輝く未来を実現することを願っています。

今こそ人間の力を

私たちが生きている21世紀──。人類は、科学の進歩や経済的発展によって、多くの問題を解決し、かつては空想でしかなかった夢物語を現実にしてきました。

けれども、どうでしょう。人生は、今なお、思うにままならないものであり続け、世界には一層の難問が山積しています。

1人ひとりの人生を輝かせ、時代・社会にあふれる問題や試練に真の解決を導くためには、私たちは、科学や技術、経済力だけではなく、その大本にある人間の内なる力──魂の力が必要だと考えています。

先行きが見えない時代を生きているからこそ、私たちには「魂」という中心軸が不可欠なのです。

「魂主義」を掲げて

1969年の創立以来、GLAは一貫して、この「魂」というテーマに取り組んできました。

今、GLAは、目に見える世界だけではなく、1人ひとりが抱いている魂の次元を重んじ、それを中心に発想し、行動する「魂主義」を掲げています。

「魂」とは、智慧持つ意志のエネルギー──。それは、私たち人間が抱いている限りないポテンシャル(潜在力)の源であり、次元を超える見えないつながりの塊であり、時を超えて人生を貫く願いや目的をもたらしてくれるものにほかなりません。

多くの人々が今日では実感できなくなっている「魂」の感覚を、現代に蘇らせているのが、高橋佳子先生です。

祖師高橋信次先生と共に道を開き、その後を導いてきた高橋佳子先生は、一部の限られた覚者だけではなく、市井に生きる普通の人々が魂として目覚め、内なる力を引き出すことができるように、「魂主義」の生き方の理論と実践の体系を「魂の学」として集成されました。  

GLAの願いとは──人々と世界が輝くために

「魂の学」は、生まれ育ちの中で様々な条件に縛られ、可能性を眠らせたままの1人ひとりから、内なる力を引き出し、真の自由へ誘って、本来の輝きを導こうとするものです。そして同時に、この世界に山積する問題の真の原因を見極め、根本的な解決へと導こうとするものです。

「魂の学」は、机上の空論でも単なる精神論でもありません。具体的な現実を大きく変える実践哲学なのです。

「魂の学」の実践によって、内なる力を引き出す方が1人でも多く現れ、その環が地域を越え、国を越えて広がり、魂の輝きに満ちた新しい世界が生まれてゆくことを、GLAは願っています。

そのために、GLAは、現在、国内1総合本部、8地方本部、110カ所のターミナル(支部)でそれぞれ活動し、高橋先生の講演会や「魂の学」を学ぶ各種セミナーをはじめ、様々な活動を展開しています。

また、海外でも、アメリカ(サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク、アトランタ)、ブラジル、オーストラリアに活動の拠点があるほか、イギリス、スイス、台湾、韓国などでも集いを開催しています。

Q&A

GLAに関するよくある質問は、こちらを。
皆様からのご質問とその回答を掲載しています。 例えば、代表的なご質問として、次のようなものがあります。
・GLAには、「神理」「魂の学」「TL人間学」など、教義に関していくつかの表現がありますが、何か違いはあるのでしょうか?
・本を学ぶだけでも十分な気がしますが、入会する必要はありますか?
・インターネット上の匿名掲示板に、GLAに対する批判的な投稿記事が見られますが、書かれている内容は本当のことでしょうか?
・書店で、『高橋信次の霊言』というスタイルで、高橋信次先生やGLAについて中傷する内容の書籍を目にしたのですが、書かれている内容は本当のことなのでしょうか?
・ネット上で「GLA」を検索すると、「GLA関西」というホームページがありますが、そこには、高橋信次氏のことは出ていても、高橋佳子氏のことがまったく出ていません。同じGLAという名称なのに、なぜなのでしょうか?

GLAの概要

名称宗教法人GLA
(「GLA」は、「God Light Association」の頭文字)
※GLAの正式法人名は、2013年1月をもって「ジー・エル・エー総合本部」から「宗教法人GLA」へ変更されました。
創立年月日1969年(昭和44)4月8日
法人成立年月日1973年(昭和48)3月28日
教典『新・祈りのみち』『生命の余白に』『心行』など
会員数60,085人(2020年4月1日現在:物故会員11,519人を含む)